* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2017年8月18日(金) 14:01 JST

行政院経済委員会と大和証券キャピタルが覚書に調印

  • 印刷用画面
  • 2011年8月29日(月) 15:04 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

Share


調印式には、CEPDの主任委員の劉憶如氏、大和証券グループ本社社長の日比野隆司氏が出席。さらに、台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表がこれを見守った。

 8月29日、東京の帝国ホテルで開催されている台湾投資セミナーには、台湾から230名の台湾企業・政府関係者(うち、台湾企業関係者が150名)が訪れ、180名以上の日本の企業のトップなどとの会談や商談に臨んだ。同29日、14:30からホテル内で、行政院経済建設委員会(CEPD)と、大和証券キャピタル・マーケッツが、日本と台湾に関連する事業機会について、両者で協働するむねの覚書に調印した。

 

台湾から大型企業誘致団が訪日

  • 印刷用画面
  • 2011年8月28日(日) 10:18 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

Share

 8月29日から9月1にかけて、台湾の政府行政院建設委員会の劉憶如・主任委員率いる企業誘致のための訪問団が来日。総勢226人からなる大訪問団は、東京と大阪でそれぞれ企業誘致のセミナーを開催し、企業訪問などの活動も行う。東京でのセミナーは8月29日、帝国ホテルで開催されるが、同日15時より同ホテル内で日本企業との覚書の調印式と記者会見も行い、台湾の政府としても、日本と台湾の企業を結ぶ大きなイベントとして、この活動を位置付けている。このイベントにより、日台双方の企業の一層の提携関係の深化が期待される。
今回の訪問団は台湾の政府が官民一体となって行われ、台湾の中央省庁から7省庁、地方自治体から8つの県及び市が参加。台湾の弁護士や会計事務所、企業など170団体が訪日し、日本の企業や団体など4日間に40ヶ所を回る予定。8月29日は東京・帝国ホテルでのセミナーと調印式・記者会見が行われるが、8月31日には大阪のホテル阪急インターナショナルでもセミナーを行う。
このところ世界の多くの企業が成長著しいアジアの中でも特に成長が高く、かつ安全な投資先として台湾に注目しており、多くの日本の企業も台湾に向かって動き出している。それだけではなく、台湾の政府もそれに答えるべく、IPOが台湾でよりしやすくなる環境なども整えつつあり、法整備も進みつつある。この現状にあって、台湾の官民一体となった「日本企業誘致」の動きは、日本経済を再び活性化するための台湾の政府の行うミッションと考えることができるとすれば、これは台湾が官民一体となって、不況と東日本大震災に見舞われた日本への大きな義援の1つであると見ることもできるだろう。

臺灣法蘭瓷首家日本直營店開幕

  • 印刷用画面
ビジネス

Share

為什麼選擇深耕日本市場? 
   

   法藍瓷進軍惠比壽的消息對於它的愛好者或許一點都不驚奇,因為它在全球擁有約六千個銷售據點,包括美國紐約、英國倫敦等大都會的精品百貨都有展售。

   正因為這10年來海外(英國、美國)的成績獲評價,趁著天時地利人和,現在是進軍日本的好時機 

日本関西台商協会・第8回台商杯ゴルフコンペ開催

  • 印刷用画面
ビジネス

 日本関西台商協会(会長:池平美香)主催の第8回台商杯ゴルフコンペが5月28日、天野山カントリークラブで開催された。今回のゴルフコンペは中華民國建国100年を記念したものとして行われた。


大阪中華總會捐贈東日本大地震賑災款1千655萬2千日圓

  • 印刷用画面
ビジネス

大阪中華總會會長洪勝信與大阪辦事處黃處長諸侯捐贈賑災款合影

    中華民國留日大阪中華總會洪會長勝信偕副會長等5人本(5)月19日上午聯袂拜會駐大阪辦事處黃處長諸侯時表示,東日本大地震發生後,為響應募款活動,經週知理監事幹部及會員樂捐後,共計募得賑災款1千655萬2千日圓,邀請大阪辦事處一同面交此間日本紅十字會。
  黃處長首先代表政府感謝僑胞協助促進台日關係的熱忱與義行,並表示目前我國募得之善款已高達170餘億日圓,無論是捐款總額或以總人口比例計算,我均為捐款最高之國家,日本朝野各界及民間對我政府及國人之義行無不表達感激之意。募款包括該會為辦理「慶祝中華民國建國一百年文化訪問團日本公演」活動預算3百萬日圓。
  拜會結束後,由陳組長敏永陪同前往日本紅十字會大阪府支部,由該支部課長關口忍代表接受。關口課長除感謝我僑胞的熱情捐款外,並感激台灣政府及民眾協助賑災的義行。

台湾の革靴「ラニュー」

  • 印刷用画面
ビジネス

なぜ日本の「ラニュー」が必要なのか (二)

 ■日本市場の現状について


 日本市場への進出はもちろん時間をかけて、人員を派遣して研究して出した結論であった。しかし、5年が経過して今、成績は当初予想したほどではないという。当初の戦略は「台湾と同様のイメージを重視して広告に精力を出したが違うようだ」と述べた。そのため、日本市場の開発に関しては方向性を模索している最中である、としながらも「ゆっくり前進はしている」と劉氏は素直に話した。しかし、アジアにおいて、日本は重要な拠点であることに変わりはない、また、自社の靴に絶対の自信を持っている事から日本市場を諦めないという。最近、日本のお客様から下請けの要請が増えている。これはカンボジア工場設立が少なからず影響している。コストを抑えた事が要因とみられるが、日本のお客様にも「ラニュー」のブランド力、品質力に気づいてもらったものとして認識している。しかし、目標にはまだ距離がある。そもそも、銀座、自由が丘で店舗を出すには、ブランドや知名度を上げる意識を強める必要があるが、あえて険しい道を選択するのが成功の一番の近道と思っているからである。 
 
■ラニューを世界に通用する「ブランド」に作り上げる


 劉社長は日本の市場に進出する最も大きな理由は、世界市場において日本は一つの象徴であり、一つの大きなステップアップであろう。彼は世界を視野に入れており、このブランドを世界に広げようという野心が窺える。 (台湾新聞記者 張嘉芬)

 

 

 

東京都中央區1-8-21 銀座清水堂building1階、
電話:03-5159-3748、交通: 有樂町線銀座一丁目站7號出口

台湾の革靴「ラニュー」

  • 印刷用画面
ビジネス

 なぜ日本の「ラニュー」が必要なのか (一)

■「ラニュー」の台湾での生い立ち


  2010年の売上高が25億台湾ドルをこえ、台湾での市場占有率は9%を超えたこともあるなど、大手健康靴メーカーとして知られる「ラニュー」。創業は1996年。現在は革靴のブランドとして台湾国内200店舗の拠点で展開している。歴史は浅いが現在では高い知名度を持っている。「ラニュー」は戦略設定に成功したと消費者から評価されている。その理由は、靴業界にしては珍しく毎年広告に大幅な予算をかけている事、品質重視の「健康靴」としての認知度を高めている事、などが代表例だ。これらの相乗効果が支持された結果であり、こうした努力が功を奏し、一気に知名度が上がった。更にターゲットにした客層も的中した。そして2002年には「ラニュー」ブランドの健康商品の開発支援を目的とした「フット・ケア センター」(足部研究所)を設立した。特殊シューズの製作が主力となるが、品質向上に向けた体制に余念がない。こうした取り組みが台湾の大手靴ブランドに成長した原動力と言えそうだ。 

 
■東京で「ラニュー」店舗を開設する必要性


  2006年3月に日本に1号店を中央区銀座に開設した。同年に新橋店、自由が丘店と次々に店舗を広げ、健康靴として品質本位の戦略を日本市場で本格展開している。高品質そして健康靴を提供する事が店舗開設の目的としており、現在、幅広い層からのニーズに応えている。目下、医師など富裕層の開発に尽力している。社長の劉保佑氏は、日本市場の成功に備え、商品の付加価値を高めるためにカンボジアに工場を設けている。税金制限のない事もこの場所を選んだ要因であるが、同時にコストも大幅に低減させることができた。まだ、完全ではないが「日本市場に進出するためには万全の努力をする」と力を注ぐ。「日本で支店を開くことは決して容易ではない。だからこそ、挑戦する価値ある」と述べている劉氏は、海外で支店を開こうと思ったときに、「日本」がまず頭の中に浮かんだという。国民所得(GDP)が高い、そして、台湾と同じく東洋文化である。さらには、日本人はよく歩く、そしてそれをよく見かけることができる。 (台湾新聞記者:張嘉芬)

東京都中央區1-8-21 銀座清水堂building1階、
電話:03-5159-3748、交通: 有樂町線銀座一丁目站7號出口

 

第42屆國際鞋展 台灣廠商出展

  • 印刷用画面
ビジネス

 

出展廠商 

延陵實業股份有限公司  吳美漣

 

 

  (本報訊)42屆國際鞋展一如往年於池袋太陽城文化會館舉行,從412日起到14日為期3天。台灣廠商由「台灣區製鞋工業同業公會」帶領7家廠商來日參展,其中有4家是初次參展,參展目的多為開發新客源,幫自家工廠接訂單或是徵求日本的代理店。另外, 一半以上的廠商均自備日文口譯。

 針對311大地震的發生,參展廠商之一的群頂國際有限公司呂國良先生表示,手上的日本訂單本來排到10月,受此次大地震影響,訂單有些流失掉。但是,看到日本股票在短期內迅速回升,他認為日本有強勁的經濟力,所以決定今年繼續參展。

 此外,鞋展初日,台北駐日經濟文化代表處經濟組組長余吉政亦於早上到現場慰問出展廠商。

      

台湾からの義捐金が110億円を突破

  • 印刷用画面
  • 2011年4月11日(月) 09:15 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 台北駐日経済文化代表処のホームページの「台湾週報」によれば、4月6日の12時時点で、台湾の政府の外交部が発表した日本の東日本大震災に向けた義捐金が110億円を突破したとのこと。なお、この額は世界で一番となる。台湾の各地からの義捐金の詳細は同記事を参照。

 

南投県が日本からのロングステイを受け入れ

  • 印刷用画面
  • 2011年4月 7日(木) 08:58 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 

台湾交通部観光局は2011年4月6日、台湾中央部にある南投県埔里鎮と共同で、東日本大震災の被災者の長期滞在を受け入れる「台湾愛的ロングステイ計画」を実施すると発表。

 台湾政府交通部観光局ではこれまでも台北に一極集中する外国からの観光客を台北以外の地域でもいかに受け入れるか、ということを考えてきた。これはその動きにもつながるものだ。

南投県は台湾のほぼ中央に位置し台湾最高峰の玉山、景勝地の日月潭(Sun Moon Lake)などで知られる自然が豊かなところ。1999年9月の大地震の震源地でもあったため、日本の今回の震災の被害に対しても、なにか援助ができないかと考え、この計画を考えた。

 日本の被災者が、台湾でも有数の自然環境を持つ南投県に長期滞在することで、落ち着いた気持ちと元気を取り戻してもらおうというコンセプトだとのこと。観光局と同県の民宿などが実施する。この5月の連休から、日本の被災地の観光業界や自治体関係者20人を視察に招き、詳細を詰める。

 なお、日月潭には日本統治時代に作られたお茶の農事試験場があり、日本統治時代の職員住居などが保存されている。そこで作られた紅茶は世界でも有数の質の高い紅茶として有名。今もそこで高級紅茶が作られている。昨年は、南投県でその紅茶をめぐるツァーなども開催された