* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2017年11月21日(火) 18:58 JST

連戦APEC代表歓迎パーティ

  • 印刷用画面
  • 2010年11月12日(金) 22:20 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 

11月12日夜、連戦APEC代表夫妻を迎えて、台北駐日経済文化代表処の主催による同氏の来日記念歓迎パーティが、ロイヤルホール横浜で開かれ、約300人の在日台湾華僑同胞、日本の国会議員や地元の議員はじめ、多くの関係者が集まり、盛大な会となった。

連戦夫人・連方璃さん横浜中華学院と関帝廟・媽祖廟を訪問

  • 印刷用画面
  • 2010年11月12日(金) 15:52 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス


媽祖廟で記帳

APEC CEO Summit

  • 印刷用画面
  • 2010年11月12日(金) 09:51 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 11月12日、APEC CEO Summit が2日間の日程で開幕した。

 CEO Summit はAPEC最大の会議。APEC参加国の特に米国を中心とした多国籍企業のCEOや企業の意思決定にかかわる役員が集まり、今後の各国間の経済運営などを話し合う。主催は経団連。

 この会議の冒頭に挨拶した米倉弘昌経団連会長・住友化学会長は、これまでのアジアをめぐる経済情勢の変化を語り、よりいっそう迅速で効果的なTPP/FTAAPの推進を訴えた。

 この会議では、明日、菅直人首相、米国のバラク・オバマ大統領、中国の胡錦濤国家主席などもスピーカーとして登場する。また、ロシアのメドベージェフ大統領は出席調整中とのこと。

 なお、台湾からのスピーカーが登壇の予定はない。

連戦APEC代表を安倍晋三氏が迎える

  • 印刷用画面
  • 2010年11月12日(金) 05:14 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 11月11日夜、帝国ホテルで、安倍晋三元首相が同日日本に到着した連戦APEC代表(首脳会議に出席・元副総統)を迎える会があり、安倍晋三氏以外にも4人の国会議員が連戦代表を出迎えた。同報は新聞局長の江氏が台湾のプレスルームにて、台湾系のマスコミ各社に伝えた。

浮世山水展

  • 印刷用画面
  • 2010年11月11日(木) 20:35 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 1110日、代表処の台湾文化センターとの共催により、東京国際フォーラム・ガラス棟地下一階の「相田みつを美術館」で「浮世山水-台湾美術の心象風景日」のオープニングセレモニーが開催された。

2010第十三回日本中小企業產業交流展

  • 印刷用画面
  • 2010年11月11日(木) 20:05 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ
ビジネス

10日起到12日,3天在東京都江東區的東京國際展示場內舉辦了一場日本中小企業產業交流展其中在11日的亞洲商業講座中,台灣貿易中心東京事務所陳英顯所長出席演講 台灣由於在東亞洲地理位置的特殊性,一來面向技術立國的日本,另一方面又面向亞洲大陸的龐大中國市場,加上台灣與日中兩國在歷史上都曾有密切的關係使台灣既可與日本在技術上合作,又可與中國在市場上合作,得天獨厚的台灣顯示出她的重要性所以在此背景下陳英顯所長所演講的主題為『台灣最新的經濟動向與日台的 本次的主題為了讓日本的企業了解與台灣的企業交流結盟的優勢並透過最近台灣與中國簽暑ECFA的利基點擴大經貿通路提供給日本業者參考

 陳英顯所長在簡報上說明了目前台灣經濟的現況日台關係的現況中台經濟關係的緊密化以及日台的同盟對於想要在中國市場拓展經貿的日本企業但又因怕中日的文化背景的差異性歷史的糾葛使得拓展經貿的困難度增加,因此台灣貿易中心東京事務所拌演這樣得角色以促成日台雙方企業之間的合作希望日本企業能活用台灣以進軍中國市場達到台中三方面三贏

【速報】APEC閣僚会議・日本・その他のプレス向け記者会見

  • 印刷用画面
  • 2010年11月11日(木) 17:04 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

11月11日夕方、台湾プレスルームにて、経済産業大臣、経済局局長、財務大臣が各国記者と会見した。以下はその要旨。なお、記者会見メンバーはこちらと同じ。

---

 台湾の立場として、APECの目指す方向には期待しており、大きく力を入れていく予定。ボゴール目標の2020年の達成目標については、十分に努力をする予定。また、FTAAPにも非常に興味を持っており、その達成に努力をしたい。これが台湾の基本的立場である。

 中小企業の危機管理体制を強化する施策が台湾国内で進んでいる。いま、これに力を入れようとしている。

 シンガポールの記者の質問にこたえ、シンガポール政府と台湾政府がFTAの交渉に入る、ということを決定した、ということが語られた。また、台湾の経済はリーマンショックから立ち直り、今年は8.4%の経済成長を遂げることが予想されているとのことで、かなり楽観視しているとのこと。

 連戦博士氏と、胡錦濤氏の首脳会談がこれからあるが、期待することは?という質問に対しては、「お互いの成長」を考えた関係にしたい、とのこと。また、日台間の関係については、とても大切なパートナーである、と認識しているので、これからの連携の努力をしていくつもりである、とのこと。また日本には「高度な技術」について、期待を持っているとのこと。

 また、日本のメディアからの質問では、両岸関係が経済から政治についても密接な関係となるのかどうか、について質問があったが、台湾としては、言葉を濁したが、「良い結果を得る」ことを目標にしている、との答えがあった。

連戦APEC代表、江新聞局長

  • 印刷用画面
  • 2010年11月11日(木) 16:44 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

記者会見を前に、台湾プレスルーム入り口にて。

11日午前のAPEC速報

  • 印刷用画面
  • 2010年11月11日(木) 12:42 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 11日午前中に行われたAPEC閣僚会議では、14日午後2時に日中主脳会談を行うこと、同日16時に日ロ主脳会談を行うことが発表された。また、会議では、今後3年間は各国とも保護主義的政策をとらないことなどが合意された。

APEC Business Advisory Council 会議記者会見

  • 印刷用画面
  • 2010年11月10日(水) 20:26 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 APECの目玉の会議の1つである、ABAC(APEC Business Advisory Council)の今年4回目の締めくくりの会議が終了し、その報告の記者会見が11月10日にあった。会議は今年これまでに行われたABACの3回の会合のまとめの会合として行われ、あらためて参加各国が、TPP(Trans-Pacific Partnership)を受け入れ、それを最終的にFTAAPにつなげていくことが確認されたとのこと。すでにTPPに参加している国は9か国になっているが、日本はまだ受け入れていない。日本が国として決定を先送りしていることへの「懸念」が、個人的な話だが、との但し書きつきではあるが、複数のメンバーより表明された。