* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2017年8月18日(金) 13:59 JST

チャイナエアラインが「3月25日静岡・台北線就航」を発表

ビジネス

 

 チャイナエアライン(本社:桃園縣)では3月25日より静岡空港と桃園国際空港(台北)を結ぶ定期路線を週3往復で就航すると発表した。そして、1月6日同社の董国樑名古屋支店長が、静岡県の川勝平太知事を県庁に訪ね、静岡・台北線就航の報告をした。



台北線は静岡空港開港以来初めての国際路線。国内路線が次々と撤退するなか、久しぶりの明るい話題となった。
 今回の就航決定には、日本と台湾が昨年11月に合意した航空自由化(オープンスカイ)によって、航空会社が路線や便数を自由に決められるようになったことによる。
 運航日は毎週火、木、日曜の3日で、台北発3時20分、静岡着午後7時の便と静岡発午後8時、台北着午後10時の便を予定(いずれも現地時間)。静岡からは仕事終わりで出発できる時間になっている。ビジネス8席、エコノミー150席のボーイング737-800機を使用。
 蕫支店長は「静岡は潜在能力が高い県。搭乗率80%を達成したい」と発言。また「将来はデイリー(毎日1往復)の可能性もある」と述べ、続けて「就航当初は宣伝が大事なので、県の協力をお願いします」と求めた。
 川勝知事は「最大のお年玉をもらった。デイリーの実現のため、チャイナエアラインさんと協力して路線を育てたい」と応えた。
 これまで、静岡・台湾間は台北、台中、高雄との間でチャーター便計189便が運航。このうち155便がチャイナエアラインによるもの。平均搭乗率は79,7%と高く、特に富士山やちびまる子ちゃんなどの観光資源は、台湾旅行客に人気が高い。
 チャイナエアラインでは、静岡空港と同時に、富山、鹿児島でも台北との新規路線を就航させる。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20120110153754174
  • チャイナエアラインが「3月25日静岡・台北線就航」を発表
  • 1件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

  • チャイナエアラインが「3月25日静岡・台北線就航」を発表
  • 投稿者:ゲストユーザ on 2012年3月14日(水) 13:36 JST

私の祖父は戦前台湾で公務員をしておりました。今は亡き母も台南市で生まれ転勤で台北市に住み台北州立第一高女を卒業しています。戦後引き揚げてきて結婚し生まれた私は3月25日生まれ。

長女も3月25日生まれです。数年前に台湾に旅行した際 母の勤めていた台北帝大や

総督府や女学校がありちょっと感動しました。そんな私は静岡生まれです。3月25日に

富士山静岡空港からの・・・という記事を見て何か縁があるのかしら?

また台湾に行ってみようかなと 思いました。