* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年6月16日(日) 07:55 JST

双十国慶節・東京華僑総会/東京中華学校

  • 2011年10月 2日(日) 15:54 JST
  • 投稿者:
    Admin
日本NEWS

Share


今年は獅子舞のほか、龍舞もおこなわれ、華やかな雰囲気に包まれた

 中華民国留日東京華僑総会の中華民国建国100年、西暦2011年の今年の双十節は、これまでよりいっそう訪れる人が多く、華やかに、東京中華学校の校庭で10月2日に開催された。午前9時半、主催者の東京華僑総会の陳木川会長と役員、そして台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表をはじめとした来賓の方々が集まる中、まず校庭には、台湾から各所を回って届いた聖火が、前中華聯合総会事務局長の頼浩生氏の主導のもと、校庭に入り、ご来賓の方々や役員の方々の間で次々にリレーされた。

 

[本報訊]102日早上九點三十分,東京中華學校校園卻已熱鬧非凡。這一天是中華民國留日東京華僑總會逢建国一百周年,特地盛大舉辦的雙十國慶慶典。主辦人東京華僑總會會長陳木川和其他會員、台北駐日經濟文化代表處代表馮寄台、參議院議員大江康弘、眾議院議員小林興起、中津川博鄉等要員全都到場,慶祝中華民國百年大壽。

 


(左)中華民国留日東京華僑総会の陳木川会長
(右)中華民国留日東京同学会の曾愛迪会長


台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表


(左)参議院議員大江康弘氏
(中)衆議院議員小林興起氏
(右)衆議院議員中津川博郷氏




(左)埼玉台湾総会
(中)東京同学会
(右)馮寄台代表がいらっしゃいました

 聖火のリレーが終わった頃、校庭ににわか雨が降ってきた。そのため、一同は講堂に場所を移し、開会の式典を続けた。式典では、陳木川会長が冒頭に挨拶、日本と台湾の深いこれまでのつながりと、これからの華僑社会の発展を望むことを語った。その後、中華民国留日東京同学会の曾愛迪さんが挨拶。続いて、台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表が挨拶した。

 その後、日本側からの来賓として、大江康弘参議院議員、小林興起衆議院議員、中津川博郷衆議院議員が挨拶した。挨拶が終わると、東京中華学校の生徒による「開会宣言」が行われ、今年の東京の双十節が始まった。

  為國慶活動揭開序幕的,是將於108日傳回台北的國慶聖火。代替前中華聯合總會會長劉東光出席的前中華聯合總會幹事長賴浩生(現埼玉台灣總會總幹事)手持聖火入場,並將聖火一一傳遞給每位到場的來賓。在接下來的開幕典禮致詞中,東京華僑總會會長陳木川首先致詞,期待台灣和日本的交流能夠更深刻,並期許華僑社會的在日發展。中華民國留日東京同學會會長曾愛迪以及台北駐日經濟文化代表處處長馮寄台、參議員大江康弘、眾議員小林興起、中津川博鄉接著一一站上講台,緬懷建國歷程,為建國百年的中華民國獻上祝詞,同時誠摯希望未來的台日關係能夠比今年更緊密。

 会場ではまずお祝いの獅子舞、龍舞が行われ、校庭狭しと飛び回った。その後、獅子舞が会場を周った。会場では、民族舞踊など多くのアトラクションが始まり、近隣だけではなく、遠くから、会場の「台湾グルメ」などを目指して多くの人が訪れた。

  致詞結束後,雙十節慶典遂在東京中華學校學生的宣誓下正式開始。現場除了熱鬧的舞龍舞獅表演、華僑歌手獻聲演唱、埼玉台灣總會策劃的民族舞蹈表演、佛光山策劃的日本舞演出以及東京同學會帶來的留學生表演之外,也設有各式台灣美食攤位,吸引許多華僑和日人特地為此前來。一連串的國慶活動在抽獎和全體大合唱下劃上完美的句點。




頼浩生氏が聖火の先導役に

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20111002155416149
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。