* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年6月19日(水) 15:14 JST

中華民国100年記念聖火リレーと台湾B級グルメフェアIn沖縄

  • 2011年7月23日(土) 22:36 JST
  • 投稿者:
    Admin
日本NEWS

◆台湾B級グルメまつり

◆中華民国建国100年記念聖火リレーin沖縄
 

 

 
 沖縄の華僑団体と琉球華僑総会、日本華思会が中華民国百周年記念の催し物として、7月23日、24日、沖縄県那覇市の牧志駅前で、聖火リレー大会と「台湾B級グルメまつり」を催した。
 
 参加団体は台北駐日経済文化代表処沖縄分処、日本中華連合総会、琉球台湾商工協会、中琉婦女交流協会琉球分会、蔡節女性交流会等団体など。
 
 リレー大会の始まる24日の前夜(23日)、牧志駅前の国際通りで「台湾B級グルメ祭り」が開催され、、粽、大根もち、台湾ビールなど、台湾の庶民の伝統料理が並んだ。
 
 24日朝10時半からは「聖火リレー」が開始される。リレーは国際通りから約1kmを歩き、終着地点はB級グルメフェアの会場。そこでは記念のセレモニーが開催された。

 聖火リレー参加者は数百名を数え、前頭は中華の獅子舞。沖縄那覇分処処長粘信士氏、華僑総会名誉会長、那覇台商会会長・新垣旬子氏、華僑総会会長林国源氏、副会長の洪柏青氏等、在沖縄の華僑、日本の友人たちが続いた。沖縄県選出の参議院議員島尻安伊子氏も訪れ、にぎやかな会となった。

徒歩一時間で目的のフェア会場に到着。到着後、林会長と粘処長が挨拶。粘処長から僑委会から託された琉球華僑総会の感謝状を林会長に渡した。午前中の聖火リレーが終わってから、昨日から続いている「台湾B級グルメフェア」は夜9時まで続いた。今回のイベントでは特に日本人で構成された台湾を思う会「華思会」のメンバーの活躍も目立った。

なお、本イベントは来年も行われる予定だ。




 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20110723223618551
  • 中華民国100年記念聖火リレーと台湾B級グルメフェアIn沖縄
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。