* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年6月18日(火) 04:09 JST

王金平院長率200餘人觀光團遊北海道

 


千歲藍天小姐(左2贈花給王金平院長拿花者)

王金平院長率200餘人台灣觀光團遊北海道
台湾・立法院院長:王金平氏が200人以上を連れ北海道を訪問。
「日本は安全」をアピール
 
 (本報訊)王金平院長4月20日來日捐贈慈善款項時,和北海道知事高橋春美約定,五月時會組大型觀光訪問團訪北海道。3個禮拜後的5月12日,王金平院長實現諾言,率領200餘位台灣觀光客遊北海道。當日搭乘長榮班機的除了有200多位國人之外,還有、李鴻鈞、涂醒哲、等十餘位立委隨團來日。千歲市副市長駒澤文雄及北海道觀光振興機構職員等人一同於千歲機場迎接院長們的到來。
 
 台湾の政府の立法院の院長、王金平氏一行200人が12日、台湾から北海道に到着。「日本は安全」をアピールした。王院長は4月20日、台湾からの義援金の一部を東京に持ってきた際、再選が決まったばかりの北海道知事の高橋春美氏と議員会館で会い、5月の北海道訪問を約束した。今回はその約束を果たすため、200人以上の台湾からの随員と観光客を連れての来日となった。12日の初日、エバー航空で台湾から訪れた中には還有氏、李鴻鈞氏、涂醒哲氏ら、十人あまりの立法院議員もいた。千歲市の副市長:駒澤文雄氏、北海道觀光振興機構の職員一同も、千歲空港で王院長一行を出迎えた。


    王院長在接受北海道當地日本記者訪問時,被問到為什麼選擇來北海道時表示,因為往年台灣人占了北海道外國觀光人數的三分之一(2010年台灣人到北海道觀光總人數約為24萬人),北海道又是依靠觀光為主要收入,所以他認為到率團到北海道觀光(在311震災發生後)最容易突顯一個幫助的效果。另外北海道已於21日從我國的旅遊紅色警戒名單剃除,他希望能過透過行動傳遞訊息,讓台灣人能安心到北海道旅遊。

台湾から北海道への観光客は北海道の外国観光客の1/3にのぼり(2010年の台湾から北海道への観光客は24万人)、しかし東北大震災が起こって以降、月1万6千人の台湾観光客は1千人あまりまで激減した。また、北海道にとって観光が主な収入源である地域であるため、大きな打撃を受けたが、今回の王院長の北海道訪問が、北海道の観光回復の起爆剤となると思われる。4月21日には、台湾から北海道地域、東京地域への渡航制限が解かれ、台湾から日本への渡航はごく一部の地域を除き、安全なものとなっている。

  台北駐日經濟文化代表處札幌分處處長徐瑞湖表示,311地震發生之後,來北海道觀光的台灣旅客人數整個大幅降低,只有往年的一成,可是同時,到台灣觀光的北海道民眾卻增加24%。

 另外,由於釧路市市長表示將捐贈兩隻丹頂鶴,以慶祝中華民國100周年。所以此次的行程亦會拜訪釧路市。
 
一方、今回の王氏一行に随行した台北駐日経済文化代表処・札幌分室の徐瑞湖処長は、3.11の大震災以来、北海道へ来る台湾人観光客は1割まで激減したが、台湾に観光目的で訪れる北海道の人たちは24%ほど増加していると、語った。
 

 

 また、釧路市長の蝦名大也氏は、中華民国100年を記念して台湾に同地の天然記念物である丹頂鶴を送ることを語った。一行は翌日、釧路市を訪れる。

 

 

──────────────────────────────
 
   12日晚間於札幌市內,王金平院長和北海道知事高橋春美舉行的共同記者會中,高橋春美知事首先感謝王院長在如此短暫的期間履行他本人提出來的承諾,同時強調北海道內包括自來水等生活相關環境均經過持續的嚴密測試,完全沒有輻射線的影響,數據也都公佈在網頁上,隨時歡迎台灣遊客的到來。
王金平院長表示台灣來的捐款高達160多億日幣截至512日為止,但是跟日本的重建經費比較起來只是九牛一毛。不過這筆捐款代表的是台灣民眾對日本的ㄧ份特殊感情。此次來訪是集合國內旅遊業者的力量而實現,希望此次的觀光亦能夠達到拋磚引玉的效果,帶動其他國家來日,促進當地的觀光產業。
 
  至於釧路市於今年10月要送給台灣的兩隻丹頂鶴,此次旅程中會訪問。丹頂鶴不管在台灣或是日本則有長壽祥瑞的象徵,我方會派人到釧路市學習飼育的技術。
  
 
  -------────────────────────────────────
 

王院長親筆題字贈高橋知事

高橋知事回禮

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20110512210908369
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。