* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年6月19日(水) 14:42 JST

民進党の総統候補は蔡英文氏に

  • 2011年4月28日(木) 22:34 JST
  • 投稿者:
    Admin

 4月27日、来年1月に台湾で実施される総統選挙で、最大野党の民主進歩党(民進党)は、党主席の蔡英文氏(54)を総統候補に決定。この決定は投票ではなく、一般有権者を対象にした世論調査の結果で公認候補を決めるという、ユニークな方法で行われた。これは党内の分裂を防ぐためとのこと。一方、現在の与党の国民党では、総統の公認候補を現在の総統であり、国民党党首である馬英九氏(60)とすることを決定した。もしも蔡英文氏が総統となると、台湾では始めての女性の総統が生まれることになる。

 蔡英文氏は「台湾に再び勝利を」とする談話を発表。台湾本土派として政権奪回に強い意欲を示した。国民党の馬氏も「改革路線を止めることはできない」との談話を発表。ECFAをはじめとした大陸中国との経済関係を軸に対中接近政策を強める、という姿勢を示した。

 台湾の各メディアは両候補の名前にいずれも「英」の文字があることから、この総統選を「双英対決」と呼んでいる。世論調査での両候補の支持はほぼ互角。接戦が予想されており、いつになく激しい選挙戦が始まる気配が漂う。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20110428223444700
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。