ビビアン・スー、「グリーンカーペット」を踏まず

 日本の映画専門のサイト、ハリウッドチャンネルが伝えたところによれば、23日に行われた、東京国際映画祭での「グリーンカーペット」セレモニーに、ビビアン・スーを含めた台湾のスタッフが出場をキャンセルしたとのこと。

 台湾の複数のメディアが伝えた情報を総合すると、中国が東京国際映画祭の委員会に圧力をかけ、「TAIWAN」の表記を「Chinese Taipei」に改めろ、と言ったとのことで、そのための遅延と言われるが、詳細はわかっていない。

 台湾のTVBSの報道によると、中国側の団長である江平が台湾側に「両岸の中国映画」として台湾映画を「中国映画」の一部と受け入れるよう求め、「台湾」を「中国台北/Chinese Taipei」に変更するよう迫り、これに対して台湾側団長の陳志寛・行政院新聞局映画処長は「文化事業を政治とからめるのか?と反論。

 

 彼ら(中国側)は『オリンピックモデル』で『Chinese Taipei』とするよう要求したが、これは映画祭でありオリンピックと関係ない」として中国側の強引な要求を拒否したとのこと。
 

 

台湾新聞 Business Exchange: ビビアン・スー、「グリーンカーペット」を踏まず
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/article.php/20101024165947573