* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年7月20日(土) 21:11 JST

東京(羽田) - 台北(松山) 往復無料チケット抽選会

  • 2010年10月18日(月) 17:29 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 2010年10月18日、中華航空東京事務所において、東京羽田-台北松山定期便の就航を記念して、東京-台北日帰り航空券が当たる「パッとシュッと日帰りトリップ」キャンペーンの抽選会が行われた。抽選をしたのは、チャイナエアライン東京支社長の楊辰氏(写真右)と、台湾観光局東京事務所長の黄怡平氏(写真中央)、そして台北駐日経済文化代表処の広報部長・朱文清氏(写真左)。

 抽選は台湾系のマスコミ取材陣の見守る中、厳正に行われ、合計30名の無料往復航空券の当選者が決定した。また、この抽選では「松山さん」「羽田さん」に優先枠を設けており、特に「羽田さん」は、読みが「はねだ」の人だけを選んだためか、該当者が非常に少なく、申し込みをした「羽田さん」全員が当選(全8名。ただしうち2名はキャンセルがあったときの予備当選)、ということになった。今回申し込まなかった「羽田(はねだ)」さんは、ちょっと損をしたのかも知れない。 



 羽田空港は言わずと知れた東京都心に至近の空港だが、この20日から国際線ターミナルが大幅に拡充される。また、台北の松山空港は台北の中心街まで10分ほどの距離であり、こちらも台北へのアクセスには非常に便利な空港として知られ、どちらも主に国内便の空港ターミナルとして有名だ。

 特にチャイナエアラインでは、午前7時に羽田発、という便を使うと、東京から台北への日帰りも可能であり、ビジネスに、また、ちょっとした旅行に大変に便利になる。つまり、「日帰り海外旅行」が楽しめる。そこで、台湾の政府の観光局、そして中華航空は共同でこの「台北日帰り旅行」を台湾アクセスの目玉として、多くの情報を旅行者に知らせるだけでなく、日帰りパックツァーの企画や、現地での様々な特典を用意している。

 突然思い立った1日の台北への旅行も前日の予約で行けるようになる。東京からなら、新幹線で近場の行楽地に遊びに行く感覚で台北に行ける。

 今年は「日帰りプチ海外旅行」が流行る?

 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20101018172958136
  • 東京(羽田) - 台北(松山) 往復無料チケット抽選会
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。