* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年6月19日(水) 14:16 JST

台日デザイン進行機関の事業協力意向書(MOU)調印式と「TAIWAN DESIGN POWER」セミナーと交流レセプション開催

  • 2010年9月10日(金) 17:46 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

 99日、日本と台湾の工業デザイン、グラフィックデザインなどに関する両国の団体の協力に関する意向書の調印式、及び台湾のデザインに関するセミナーが、六本木の東京ミッドタウン、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターで行われた。主催は日本産業デザイン振興会、台湾デザインセンター。共催は台湾貿易センター。



 このセミナーでは、台湾デザインセンターCEO張光民氏と、PCのディスプレイメーカーとして世界的に知られるBENQグループのデザインリーダー:王千睿氏が講演を行った。

張氏は台湾の経済成長にあわせ、また、ECFAでのこれからの成長にあわせ、台湾の特に工業デザインは急激な成長を遂げてきたことを述べ、今後もその傾向は続く、と語った。張氏の説明によれば、台湾経済は現在でもおおよそ5%前後の経済成長を続けている。特に中国マーケットに対応した製品の成長が著しく、台湾の企業も中国市場で受け入れられる製品デザインを多く手がけているといい、ECFAの進行によって、この成長は維持されるだろうと見る。

次に台湾の工業デザインの現場の代表として立ったBENQの王千睿氏は、特に台湾のデザインそのものについて、日本のみならず国際的な市場で多くの賞を台湾製品が受賞していることを語った。台湾、中国にあっても、今後は工業デザインが製品を価格競争から脱却させ、製品のデザインによる競争を生み出し、企業により多くの利益をもたらす、ということが語られた。そのため、今後は工業デザインの重要性がより増すことが語られた。


トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20100910174638206
  • 台日デザイン進行機関の事業協力意向書(MOU)調印式と「TAIWAN DESIGN POWER」セミナーと交流レセプション開催
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。