* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年8月25日(日) 21:05 JST

【続・速報】2010ジュニアスポーツアジア交流大会

  • 2010年8月29日(日) 19:50 JST
  • 投稿者:
    Admin
ビジネス

8月27,28,29日の3日間、東京で2010ジュニアスポーツアジア交流大会が開かれ、台湾の選手も柔道、バドミントンの両方の試合に参加した。主催は東京都、財団法人東京都スポーツ文化事業団、東京都バドミントン協会、財団法人東京都柔道連盟。

バドミントンは27日~29日の3日間、東京の駒沢オリンピック公園内の体育館で行われ、柔道は28、29の2日間、東京足立区にある東京武道館で行われた。柔道は18歳以下のジュニア選手、バドミントンは16歳以下が参加資格となっている。

柔道は28日が終了した時点で、男子個人では29日の3位決定戦のCHANG M.C. (60kg)が引き分けで3位。FANG S.K.(66kg)も引き分けで3位。YU C.Y.(Open)が引き分けで3位が決定した。また、女子はKUO Y.T.(70kg)、SUN P.Y.(Open)ともに、3位までには残らなかった。また、団体戦は男子、女子ともにメダルを逃した。

バドミントンは28日、一位はクアラルンプールに大接戦の末に譲ったものの、タイペイは29日の三位決定戦で、ソウルをくだし、三位が決定した。なお、優勝はバンコク、二位はクアラルンプール。

柔道、バドミントンともジュニアとはいえ気迫のこもった素晴らしい試合があちこちで見られた。特に台北チームは健闘。惜しいところで優勝に届かなかったが、優勝直前という素晴らしい成績を残している。

それぞれの結果は以下のホームページで見ることができる。

■柔道:
男子 http://www.jsa2010.jp/judo/index.html
女子 http://www.jsa2010.jp/judo/02.html

■バドミントン:
http://www.jsa2010.jp/bad/index.html
 



 




トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20100828222710274
  • 【続・速報】2010ジュニアスポーツアジア交流大会
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。