* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年8月20日(火) 01:45 JST

台日文化交流書畫展

 

              左開始 羅坤燦副代表、蘇峯男教授、黄明朗處長 於會場合影 

 

 

日本千墨主宰 藤崎千雲女史,為千墨創立十五周年記念,特邀請恩師國立台灣藝術大蘇峯男教授及其「台五榕畫會」,共同舉辦台日文化交流書畫展,「千墨十五周年記念,台五榕画合同展」。台灣代表團由美濃客家同郷廖富榮先生顧問,團長謝榮源教授進行交流活動,在日客家同郷十数名前往参観。
 
  「千墨十五周年記念,台五榕畫合同展」場在横浜市県民ホールギャラリー、於8月10日上午9點開幕,台北駐日経済文化代表處 羅坤燦副代表在開幕致辭表示,強調台與日本文化交流的重要性。其他出席貴賓有横浜代表處黄明朗處長等及日本貴賓多人。
 
台、日雙方共495件書作品,59,書畫家作現場書畫示範,令観衆親眼看到大師們的揮筆成畫的況。
 
  藤崎千雲女史,博學多才,早在廿年前即在台北學習水晝1992年入蘇教授的「五榕堂」研晝二年後遊歴中・港尋訪名家。廿多年來追求自我風貌的努力與用心她在台湾習畫擁有扎實的基礎加上她日本文化涵養的蘊蓄成為今日成功的原動力,在日本水画界裡獲得相當高的名望,曽得十多次的大賞,台日文化的結晶己在日本開花結誠為一件可喜之事。
 
   歓迎晩會約120多名参加主賓黄明朗處長致辭後主動在大會場為蘇教授作翻訳發揮第一流外交官手腕博得全場熱烈鼓掌的回応。其後餘興節目満場達高潮。

    此次台日文化交流書畫展展示出品,各員之創作風格各有千秋,也希望藉由台、日雙方之觀摩交流以達成相互砌磋之目的進而達成書畫交流促進台日民間深厚的友誼。蘇教授的日本人高徒 藤崎千雲女史,将自己所學傳授給日本的「千墨」書畫界,並期待能在日本全國各地推廣進而擴展並提高台灣在國際書畫文化的影響力。    

 

 

 

 

 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20100817125538731
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。