* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年10月19日(土) 01:26 JST

台湾の2008年国民平均寿命は78.6歳

  • 2009年10月 5日(月) 19:46 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

内政部は10月2日、同部戸政司および行政院衛生署の年齢別出生者数、死亡者数、年中人口数等の基本データを基に、「行政区域」、「統計区域」ならびに、男性、女性、両性の年齢(5歳階級)別に整理し編纂した簡易生命表を発表した。以下はその概要である。



一、平均寿命(0歳の平均余命):
 台湾の2008年の国民平均寿命は78.57歳だった。うち男性は75.59歳、女性は81.94歳であり、女性が男性より6.35歳長かった。2007年との比較では、両性が0.19歳、男性が0.13歳、女性が0.22歳それぞれ伸び、男女の差は0.09歳拡大した。

二、各統計地域平均寿命:
 台湾北部、中部、南部、東部の4大地区の国民平均寿命を観察すると、北部地区が80.00歳と比較的長かったほか、中部が78.03歳、南部が77.41歳、東部が74.09歳だった。北部と東部の差が5.91歳開いており、わが国の0歳平均余命が地域間で差があることが示された。

三、各統計地域の0歳死亡確率:
 男性の0歳死亡確率で比較的低かったのは北部の4.72‰であり、比較的高かったのは東部の14.37‰だった。女性の0歳死亡確率で比較的低かったのは南部の3.75‰であり、比較的高かったのは東部の8.71‰だった。両性とも東部で死亡確率が高いという現象が見られたことから、これに注意し、改善を図る必要がある。

四、国際間との比較:
 2008年のわが国の平均寿命は、英国(79歳)、ドイツ(79歳)、韓国(79歳)に相当し、日本(82歳)、シンガポール(81歳)、フランス「(81歳)、カナダ(80歳)等の国々より低く、米国(78歳)、マレーシア(74歳)、中国大陸(73歳)、フィリピン(69歳)等の国々より高かった。(各国の平均寿命は米国『2008 World Population Data Sheet』より) (資料提供:台湾週報)

 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20091005194657550
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。