* This Website is
radiation free.


【台湾新聞OnlineShop】


【エバー航空WEB予約】

taiwannpをフォローしましょう

バナー広告しませんか?

バナー広告募集中!!

台湾新聞のホームページに バナー広告を掲載しませんか?

◆費用は
1か月 20,000-(税込)
1年間 200,000-(税込)

詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

ログイン

ログイン

 2019年7月18日(木) 22:20 JST

日本の一般の方々からも台湾の台風被害に義援金が寄せられる

日本NEWS 先の台風8号(モーラコット)の直撃により台湾が甚大な被害にみまわれたニュースが連日日本でも報道され、被災後、日本政府ならびに日本の各界から次々と慰問の言葉と共に緊急支援や義援金などが寄せられている。さらには日本の一般の方々からも台湾の被災者支援の義援金寄付の問い合わせが台北駐日経済文化代表処にも度々あったことから、義援金寄付の便を図るため、駐日代表処では災害救援義援金専用口座も開設した。

 また、8月19日には台湾の義援金寄附のため、90歳を過ぎた村山浩一さんが、東京都三鷹市から港区白金台にある駐日代表処を訪れ、台湾の被災民への見舞いの言葉と共に持参した義援金が同代表処の担当者に渡された。

 この村山浩一さんは、1970年代に台湾の台中県の后里郷でスポーツシューズの製造メーカーとして2つの会社を経営し、地域の経済発展に貢献した人物であり、かつて台湾で模範企業家として全国的な「好人好事(立派な人物、立派な行い)」の代表として選出され表彰されたこともあった。

 駐日代表処の関係者は「村山さんは現在90歳を超えられておられるそうで、そのような年配の方が、台湾のことを心配されてわざわざ1時間以上もかけてご自身で来られ、年金の中から10万円もの義援金をいただいたことに胸が熱くなった。村山さんに限らず、今回の災害に対し義援金を贈っていただいた日本の方一人一人がこのように、台湾を心配していただいていることに感動すると共に感謝の気持ちでいっぱいになった」と語った。(資料提供:台湾週報)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/trackback.php/20090822162152340
  • 日本の一般の方々からも台湾の台風被害に義援金が寄せられる
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。