行く人・来る人


~林部長、お疲れ様でした~

台北駐日経済文化代表処・僑務部長(僑務組組長)、林瑞隆氏は、8月28日をもって、代表処を去り、本国へ帰ることになった。林部長は許・前代表とともに、在日台湾華僑を盛り上げ、いかに生活や仕事がしやすい環境を作るか、ということが仕事だったが、その仕事はほとんど成功したと言えるだろう。多くの在日台湾同胞から林部長への高い評価が、それを裏付けている。
林部長の在職中の功績は計り知れないが、ご本人にお話をお聞きしたところによれば、日本で実際に生活し、仕事をしている多くの同胞との出会いのドラマは、 これからどこに行っても思い出すことになる、貴重な体験だった、とのこと。また、日本との架け橋になる仕事があれば、いつでもお引き受けする、と のことだった。

林組長、本当にこれまでお疲れ様でした。

是非、本国にあっても日本との架け橋となる仕事を続けていただけるよう、心からお祈りいたします。
台湾新聞 Business Exchange: 行く人・来る人
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/article.php/20080816191559957