横浜華僑総会慶祝中華民国97年新年会

1月24日、ローズホテル横浜にて横浜華僑総会慶祝中華民国97年新年会が開催された。

台湾、日本のそれぞれの国家斉唱で始まった会には、200人を超える参加者、来賓が集い、あらためて台湾と日本の友好を確かめることができる会となった。

最初にあいさつに立った実行委員長は、今回は李美華(実際は「女編に華」)さん。若い力で精力的に今回の新年会を取り仕切っていた。

続いて、主催の総会会長である羅鴻建氏が立ち「今年は鼠年であり、この年は子孫繁栄の年であると同時に、大きな変化のある年とも言える。台湾も総統選挙を控え、いろいろな動きもある。しかし日本と台湾の友好関係は続く」との挨拶がされた。

来賓として、中華民国駐日日本副代表である羅坤燦氏、中華民国前総統府国策顧問である李海天氏がスピーチを行った。続いて、日本側から衆議院議員玉澤徳一朗氏、参議院議員松あきら氏、衆議院議員上田いさむ氏(お名前ハスピーチ順。上田あきら議員は、多忙のため少し遅れて会場に到着した)横浜華僑総会慶祝中華民国97年新年会からご挨拶をいただいた。

続いて、顕彰、アトラクションの歌と踊り、乾杯と続き、最後は参加者への抽選会。この抽選会は最高に盛り上がった。午後9時、参加者は大きな変化のある年の新年を心に刻み、会場を後にした。

このほかの写真はこちらをご覧ください

また、台湾新聞本紙にも詳細な記事と写真が載りますので、ご期待ください。

 

台湾新聞 Business Exchange: 横浜華僑総会慶祝中華民国97年新年会
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/article.php/20080125084636976